你好

本サイトは「日本中国友好協会札幌支部」の公式サイトです。

2021年12月14日火曜日

第10回中国百科検定

  第10回中国百科検定が11月27日、札幌会場はかでる2・7で行われました。今回の受験者は3人でした。

            札幌会場 かでる2・7の受験者


 日本政府が妨害した 遺骨送還運動

 日本政府が妨害した遺骨送還運動

     劉連仁さんの思い出(11)

    日中友好協会北海道連 会長 鴫谷 節夫

 

  中国人殉難者の遺骨発掘と祖国への送還運動は、慰霊実行委員会に結集した日本国民の反省と日中不再戦友好を願う全国的な活動でした。

 劉連仁さんは1958年4月10日、白山丸で帰国しました。この汽船は日本政府が日本人居留民の帰国を迎えに天津に派遣したもので、同時に中国人殉難者の遺骨148柱を送り届ける第8次送還船でもありました。

 日本政府は、極めて人道的なこの遺骨送還にも執拗な妨害を行いました。作家の松田解子さんは次のように証言しています。


 1953年には中国人殉難者慰霊実行委員会ができて、私もこれに参加しました。1953年7月に第1回遺骨送還船を出すことになり、私も婦人代表として参加することになったんです。吉田内閣は台湾の強い反対を理由にして、中国への遺骨船は出せないと頑固に拒んだんです。朝鮮戦争反対、ストックホルムアピールの原爆反対の署名運動などで闘っていた民主勢力の一致した力で実現させたんです。

 それでも政府は国民に知れないようにこっそり持って行ってくれと舞鶴港までは遺骨を荷物扱いにして、貨物列車のうしろに客車をつけて乗せようとしたため華僑が列車の前で座り込みをして抗議してあらためさせたんです。

 吉田内閣は私たちの国の代表で行くんではない、船員待遇なら行ってもいいというの。仕方なしに船員待遇で、黒潮丸で行ったんです。

 天津に着くと革命に成功して間もない活気に満ちた中国側の歓迎は大変なものでした。日本で親や息子、兄弟を殺された家族も来ていて号泣して遺骨を受け取られました。私たちは再び侵略戦争は起こしません、本当にもう殺しませんと、私たちを送り出してくれた日本人の誓いを伝えました、。(「日中友好運動の歩み」より)  

 北海道での中国人殉難者慰霊祭は、今年もこの68年前の誓いを守って取組んでいるのです。

     

          「日中友好運動のあゆみ」の表紙から


【戦後七六年を考える旅】を開催

  旅システム・日本中国友好協会共同企画

  【戦後七六年を考える旅】を開催

     北海道連・札幌支部事務局長 影浦 貞宏

  コロナ禍で開催が困難であった平和の旅ツアーが、11月20・21日、20人の参加でようやく開催されました。

 今回のツアーは「三船遭難事件」と「劉連仁さんの苦難に満ちた逃避行の地を訪ねる」というテーマでした。(以下、旅システムが用意した福士廣志氏の著書「留萌三船遭難~終戦秘話」を参考)。

 昭和二十年八月十四日にポツダム宣言を受諾し、翌十五日天皇陛下はポツダム宣言受入れを表明しました。

その一週間後に起きた悲劇です。

 襲撃事件はいずれも八月二十二日未明のことでした。【小笠原丸】

 四時二十分頃、増毛別海沖で魚雷攻撃を受け沈没。乗員乗客641人が死亡、61人が生存。

【第二号新興丸】

 四時五十五分頃、小平村鬼鹿沖で魚雷攻撃を受ける。この船は民間貨物船を徴用し、特設砲艦兼敷設艦であったため反撃。二番船倉に魚雷を受けるもかろうじて留萌港南岸壁に着岸。乗員・乗客約400人。死亡250人、行方不明150人。3,200人が生存。

【泰東丸】

 九時五〇分頃、同じく小平村鬼鹿沖で砲撃を受け沈没。乗員乗客六六七人が死亡。一一三人が生存。泰東丸にいたっては、抵抗の意思がないことを示すテーブルクロスを使った白旗を振っていたにもかかわらず、甲板上の引き揚げ者に大砲や機銃を発射したのです。

 降伏文書の調印は同年九月二日、ソ連はこの日を終戦と主張しています。

 ソ連は日ソ中立条約の有効期間中に宣戦して日本を攻撃したのであるから、ソ連との戦争に関しては一方的にソ連の側に責任があると思います。

 しかし、家永三郎氏は「戦争責任」という著書のなかで「日本の侵略の矛先が二〇世紀初頭以来ロシア=ソ連に繰り返し向けられていた。少なくとも日本人にソ連の対日開戦責任を論ずる道義的資格はない」と、書いています。

 私たちは、小笠原丸殉難碑をお参りし銘酒国「稀の酒蔵」を見学、そして食事は海鮮丼を堪能。次に留萌の樺太引揚三船殉難平和記念碑と第二号新興丸記念碑。鬼鹿の三船殉難慰霊の碑と資料館を巡り、ほろしん温泉ほたる館に向かいました。 翌日劉連仁さんが強制連行・強制労働を強いられた今は湖の底となった昭和炭鉱跡地や、連行されて来た時に乗せられたであろうドイツ製の貨車や鉄路、そして当別町の劉連仁生還記念碑などを見て回りました。 

            当別町の劉連仁生還記念碑を囲む参加者


2021年11月2日火曜日

札幌でも大歓迎  来日した中国赤十字代表団 劉連仁さんの思い出(10)

  札幌でも大歓迎
 来日した中国赤十字代表団
      劉連仁さんの思い出(10)
           日中友好協会北海道連 会長 鴫谷節夫
 

 

日本共産党中央機関紙「アカハタ」1957年12月3日号1面には、「日本軍国主義への告発 中国人殉難の概要 慰霊実行委員会発表」という記事が踊っています。
 これは劉連仁さんが発見される2か月あまり前で、私は卒論に悩んでいた時期であり当時から「アカハタ」は熱心に読んでいたのですがまったく記憶にないのが残念です。記事のはじまりは次のとおりです。

 李徳全女史ら中国赤十字代表団は来る五日来日するが、これに先立ち中国人俘虜殉難者慰霊実行委員会(会長・大谷瑩潤氏)では、これまでの中国人遺骨送還事業の経過をまとめた報告書をつくった。同報告書はその中で「戦時中、日本の労働力不足を補うため、中国人を日本国内に連行し、強制労働をさせたが、そのうち六千人以上が殺された」事実をあげ、十数名の証言とともにのせ、ヒトラーのナチスと肩を並べた日本軍国主義の残虐行為を激しく非難している。・・・・・」

 李徳全女史一行は東京の諸行事をおえたあと、八日北海道を訪問しています。
 「アカハタ」は十二月九日の記事では、「沿道を舞う紙吹雪 札幌歓迎大会に一万数千人」と見出しを付け次のとおり紹介しています。

 李徳全会長をはじめとする訪日中国赤十字社代表団は八日朝十時高岡北海道知事代理、荒北海道議会議長ら三百名の出むかえる千歳空港におりたち、ただちに千歳町民歓迎大会にのぞんだあと五星紅旗、日の丸、赤十字社旗の歓迎の波の中を札幌市内テレビ塔下でひらかれた札幌市民歓迎大会にのぞみ午後は同市東本願寺で営まれた中国人殉難慰霊祭に出席した。
この日雪もようの札幌市では一万数千の札幌市民が一行を出むかえて歓迎大会に参加、空につぎつぎと花火がうちあげられ、千歳町から市の入口豊平橋にさしかかるころの李徳全さんの自動車は沿道をうずめつくした市民から投げられる紙吹雪と五色のテープでうずまった。李徳全さんは全市あげての歓迎にたいし「アリガト」「アリガト」をくりかえし「中国の日本人民との友好の方針は今後永久に変わらないでしょう。平和共存と友好親善のため皆さんと一しょにすすみましょう」とあいさつした。

 当時のこのような大歓迎は何に起因するのでしょうか。知らぬこととは言いながらつい十年あまり前、自分が生活するこの北海道という身近な場所で、三千名を越える中国人が強制労働により虐殺された事実に深刻な衝撃を受けた道民感情の裏返しではないのか、私にはそう思えるのですが。
                                  (つづく)

第56回 中国人殉難者全道慰霊祭を 厳粛に開催

 第56回

 中国人殉難者全道慰霊祭を

         厳粛に開催

 10月24日(日)後志管内仁木町町民センターにおいて第56回中国人殉難者全道慰霊祭を63人が参列し厳粛に執り行いました。

 浄土真宗大谷派北海道教区北第3組の、教照寺、正念寺、浄秀寺、正覚寺、即信寺の五ヶ寺の住職が読経。読経の中参列者が順次焼香を行いました。

 焼香の後、仁木町の佐藤聖一郎町長が慰霊のことばを奉げ、中華人民共和国駐札幌総領事館劉亜明総領事の追悼のことばを事務局の鴫谷節夫道連会長が代読しました。

 北海道の鈴木知事と北海道議会の村田議長の弔文が報告されました。

 世話人代表の小樽商科大学穴沢眞学長が、参列者の皆様に御礼のご挨拶をされました。

 北海道在日中国科学技術者連盟の呉敦顧問が、日本軍国主義によって、中国人の強制連行が行われ、多くの犠牲者を生み出した。二度と繰り返さないために中日友好と平和が大切であると述べました。

 東京から仁木の会場に駆け付けた、北海道大学大学院法学研究科の吉田邦彦教授は、前日東京で行われた、731部隊の細菌による人体実験などの研究会の模様を特別報告しました。

 北海道大学中国人留学人員友好聯誼会の張立夫(医学部博士1年)さんと耿曟 涵(農学部4年)さんが 自己紹介を兼ねて挨拶し、室蘭工業大学の中国人留学生学友会の3人も挨拶、1人は強制連行について述べ、2人は英語で話しました。

 昨年は実施できなかった慰霊太極拳を今年は実施。

 鴫谷節夫会長が「剣」を表演しました。

 参加した中国人留学生の皆さんと会場で記念撮影を次々と行いました。

左から、吉田先生、張さん、耿さん、室工大の3人
 
            慰霊太極拳の鴫谷節夫会長
       世話人代表のあいさつをする小樽商科大学の穴沢眞学長
           浄土真宗大谷派の5か寺の住職様の読経

    慰霊祭終了後、

  中国烈士園の「日中不再戦友好碑」を

     留学生、北大2人、室工大3人が訪問

 慰霊祭に参加した中国人留学生、北大2人、室工大3人が、仁木町墓苑の中国烈士園「日中不再戦友好碑」を訪問。

 郭沫若氏の文字などが刻まれた碑を見て回りました。

 室工大と北大がそれぞれ記念写真を撮りました。

                張さんと耿さん



  

2021年10月18日月曜日

遺骨の発掘送還運動と中国人殉難者名簿

 遺骨の発掘送還運動と中国人殉難者名簿

        劉連仁さんの思い出(9)

         日中友好協会北海道連 会長 鴫谷節夫

   コロナによる緊急事態宣言で会場使用に制限がかかり、昨年今年と中国人殉難者全道慰霊の行事に困難が生れています。例年参加している人も、今年は無理でしょうと言います。私自身もどうしようかと悩みます。

 ふと、劉さんに聞いてみたいと思います。何と言うだろうと想像してみますが、劉さんはニコニコ笑っているだけです。

 やっと解除になったので全道慰霊祭は、10月24日に開催します。先立って室蘭の慰霊の集いが10月3日開催されました。屋内の懇談会は無し、雨天の場合は中止する、強い決意に天も味方、穏やかな好天の中、イタンキ浜の眺めも美しい会場となりました。

 全道慰霊祭事務局からの挨拶をしながら参列者を見渡すと、コロナの為椅子を少なくしてあるので後ろ側にずらりと並ぶ室工大の中国人留学生の姿がありました。この室蘭の慰霊の集いがしっかりと根を張っているのを実感しました。

 1953年2月に「中国人殉難者慰霊実行委員会」が発足し、7月に遺骨送還船が出航しました。以後1964年まで9回に渡って2810柱15箱の遺骨を送還しました。

 さらに1960年2月には、中国人殉難者名簿共同作成実行委員会によって死亡人員6732名の「中国人殉難者名簿」が作成されています。日中道連で刊行した「知っていますか❘北海道での中国人強制連行❘全道58事業場殉難記録」にこの名簿の北海道分を収録しています。

 先人たちの残した「燦然と輝く偉大な業績」を思うとき、コロナの中でも絶える事無く慰霊祭に取り組む勇気が湧いてきます。                                          (つづく)


中華人民共和国成立72周年祝賀レセプション

 中華人民共和国成立72周年祝賀レセプション

 ZOOMにてオンライン形式で開催

        協会北海道連から小川勝美理事長が参加

 9月30日午後3時から中華人民共和国成立72周年祝賀レセプションがコロナ感染症対策を考慮しZOOMによるオンライン形式で開催されました。

 参加者は道内各地や東北地域などから、229人が参加し、1台のパソコンの前に5人や6人のところもあり、300人を超えていたかもしれません。 日中友好協会北海道連からは小川勝美理事長が自宅のパソコンで参加しました。

 中国総領事館を代表して劉亜明総領事が主催者挨拶をされる予定でしたが、急用のため中国に戻られ、夏少傑副総領事が挨拶文を代読しました。  
 北海道の浦本副知事や札幌市の町田副市長などの来賓祝辞が行われ、「美麗中国」のビデオを観賞して1時間弱で終了しました。
 開会前もビデオが放映され、中国各地で活躍する人々を紹介。紹介者の党歴が32年とか、5年などと中国共産党100周年に合わせたビデオでした。