你好

本サイトは「日本中国友好協会札幌支部」の公式サイトです。

2020年4月24日金曜日

高橋忠明さんを悼む

 日中友好協会札幌支部理事
 高橋忠明さんを悼む
          札幌支部 事務局長 影浦 貞宏

 【最後の最後まで頑張り通しました】
 3月12日に奥様から「主人はもう長くないんです」と沈んだ声で連絡を受けて、22日目の4月3日に高橋さんは帰らぬ人となりました。
 今年の新年交流会に「今一、調子が悪いんで参加できない」という連絡を頂きました。それまでは一度も欠かすことなく参加されていたので、だいぶ具合が悪いのだろうかと心配していましたが、これほど早く逝ってしまわれるとは思ってもみませんでした。
 奥様の話では、最後の最後まで、ご自分で、トイレで用を済まされたそうです。
【無類の酒好きでした】
 高橋さんはお酒が好きな方で、二・三度一緒に飲む機会がありました。かなり以前の話ですが、高橋さんと小川勝美さん、そして私の酒好き3人が、新札幌で酒を酌み交わしました。帰りは私の妻を呼んで、小川さんと自宅まで送ることにしました。大麻扇町の何とかという、昔の小さな商店街まで行ったのですが、それから先の自分の家が分らない。やむなくご自宅に電話をかけましたら、ご家族が迎えに来てくれました。高橋さんは借りてきた猫のようにしょんぼりしていたのを思い出します。
【こうと決めたらテコでも動かない、頑固者】
 高橋さんはなかなかの頑固者でした。でも間違ったことは言っていません。いい加減が嫌い。曲がったことは大嫌い。でも私はそんな高橋さんを尊敬していました。顔に似合わずはにかみやで、例えば幼少時代の満州の話や北大時代の学内の要求闘争の話はするが、ご自身の家庭の話はあまりしませんでした。どこか渥美清的なところがあって。ご家族思いが垣間見えました。
【たくさんの蔵書を寄贈してくれました】
 事務所の事務局ノートによれば、2012年12月5日から、事務所に来る度に、ご自宅の重い蔵書を引っ提げて、バスと地下鉄を乗り継いで持って来られました。私は、感謝の気持ちを込めて「寄贈 高橋忠明氏」と末ページにシールを貼りました。昨年の11月20日、札幌支部理事会の時まで、蔵書の寄贈は続きました。実はその日がお会いした最後の日となりました。
 その時「影浦さん、これ貰ってくれないかい」と言って分厚くて古い本三冊、手渡してくれました。「これは日中に関係ない本だから」。それは「落語全集 上・中・下」巻でした。高橋さんのイメージとはちょっとかけ離れた本でした。
 その本と一緒にもう一冊「曠野の残像」という本を頂きました。編集・発行者 高橋忠明。その中に「一冊の本 落語全集 下」という回想文があります。その中にご自身を評して「いつも眉間にしわを寄せているお前に、似つかわしくない」と書いていらっしゃいました。
 満州の敦化というところで少年期をすごした当時の旧友と半世紀を経て再会した会話が主でしたが、最後のページにこの本のことが書かれています。
 敗戦になって中国人の暴動やソ連兵から逃れていた時、吉林駅で偶然隣に住んでいた岡村さんに出会い世話になる。妹はその家で亡くなった、その時その家から頂いたのが落語全集の下巻で、床に臥していた自分を慰めてくれた(上・中巻は日本に帰ってきてから、捜し求めたもの)。
 高橋さんは落語全集の「笑」と題した新渡戸稲造の序文を引用してこう記しています。
 「人生について考えても深い悲しみがあるにも関わらず、之の殆ど関係無きが如き浅はかな事柄が人生にあれば、その矛盾が著しく見えて可笑味を感ずる。故にユーモアを持つ者は心に深き憂いを抱く者に多い。」

《武漢支援募金》の経緯と 皆様へのお礼

《武漢支援募金》の経緯と
       皆様へのお礼
 吉田邦彦(北海道大学大学院法学研究科教授、           
                           南京師範大学兼職教授)

  これまで偶然武漢大学などで、報告・講演の機会があり、武漢市武正街については、論文を書いていて(拙著・都市居住・災害復興・戦争補償と批判的「法の支配」(有斐閣、2011,98頁以下)、中国の諸都市の中でも武漢は、私には、もっとも縁が深い場所になっていました。今年1月23日の都市封鎖以来、華中師範大学に赴任した教え子の李雯静さんには、メールが届かなくなり、ようやく1ケ月ほどして、2月中旬、たまたま手帳に書き付けてあった電話番号で彼女に繋がりました。その時李さんは、辛い生活をしていて、絶句して電話の向こうで泣いており、こちらも胸が詰まり、「武漢は今大変です。でも何も心配しないでください。郵便物など届きませんですから」との片言の返事でした。そして、「札幌では長い間お世話になりました」と過去形で話すのを聴き、ものすごい恐怖にさらされていることを察知し、涙が止まりませんでした(李さんとはそれまで屡々メールでやり取りしており、眼科医のお母様が、乳癌に倒れられ、看病・介護で昨年は本当に疲れたので、もう故郷の長沙に戻りたいと言っていた矢先の、春節直前の都市封鎖でした)。
 「何もするな」と言われても、では一体何を彼女にしてあげられるのだろうか、と途方に暮れました。間もなく上海の弁護士の許晨君から連絡があり、「寄付くらいしかできないだろう」とアドバイスを受けましたが、無力な自分でもできるのかと躊躇しました。しかしそこで思い出されたのは、個人的にも面識があった、昨年凶弾に倒れた故中村哲医師の『吉田さん、思いついたら、どんな小さなことでも自分からやり出さなければいけない』という言葉でした。そこで札幌中国領事館の兪昂さんに電話してこの事情を申し上げたら、領事館としても応援すると仰ってくださり、何といっても、日中友好協会札幌支部の小川勝美理事長が二つ返事で、全面的に協力して下さいました。お礼の言葉もなく、草の根の市民の皆さんの善意を間近に見る思いで、嫌なことが多い昨今、李さんのおかげでよい思いをさせていただき、逆に私は、彼女に感謝しています。
 ほぼ同時期に、南京師範大学の趙莉教授から、僕の教え子の蘇州で弁護士をしている何天宏君(南京大学卒)ら上海圏の弁護士仲間で(彼も仁木の慰霊祭に行っているので、小川さんはご存じだと思います)、北大に沢山のマスクを送ってくれたことを知らされて、彼らの思いの深さに感銘を受けるとともに、こうした草の根の日中友好の連帯が広がっているのを実感しています。(同君は、日中友好協会の我々の動きを知っており、おそらくそれに呼応する動きだと思います)。
 今やコロナウイルス問題は、世界的なパンデミックをもたらし、楽観を許さない状況です。武漢も4月8日に都市封鎖が解除されても、従来通り制約の多い都市生活は何も変わっていないことは報ぜられています。 駐米中国大使の崔天凱氏が強調されるように、今コロナウイルスと立ち向かうために求められているのは、《米中、そして世界の連帯》ではないでしょうか。武漢からは数多くの学ぶところがあると思います。我々が行ったことはごくささやかなことでしたが、今後長期戦を強いられるこの世界的試練にどう対処したら良いのかを、これを機縁に皆様とともに考えたいです。
 日中友好協会の皆様、ご協力、本当に有り難うございました。
                                 武漢大学で李さんたちと
          下は華中師範大学での講演後に李さんたちと

2020年4月6日月曜日

 美唄への三菱マテリアル基金記念碑  来年10月に除幕式を

 美唄への三菱マテリアル基金記念碑
 来年10月に除幕式を

3月31日、おおぞら法律事務所で、第4回記念碑建立・追悼事業北海道実行委員会が開催されました。
 田中貴文弁護士から、全国連絡会の報告や安田侃氏・琢氏との打ち合わせや契約書案などについて報告が行われました。北京での管理委員会が新コロナウイルスで中止になりましたが、4月26日に全国連絡会が開かれて、記念碑建立の予算配分などが確定したら、安田さん側と契約を行う。 制作・設置に1年間かかるので、来年10月10日(日)に除幕式を行うことでどうかとの提案があり、参加者で協議して決定しました。
 記念碑とともに、中国人被害者1637人の刻銘版をステンレス版に刻み設置するなどを確認しました。

2020年3月30日月曜日

武田篤朗さんのこと 協会創立70周年に寄せて

武田篤朗さんのこと
 協会創立70周年に寄せて

                      北海道連会長 鴫谷 節夫

 私は1958年4月、倶知安農業高校に採用されて北海道にやって来た。60年安保で北海道の労働組合が派遣した上京抗議団に北海道高教組の代表として参加した。同じく小樽から参加した相場実さんに勧められて、日中友好協会に加入した。これが私の人生を決定した。協会歴は60年になる。
 当時の小樽支部には、すぐれた先輩がたくさんいて、しかもそれぞれが深い中国とのかかわりを持っていて日中友好について考えさせられることが多かった。
 武田篤明さんは満鉄のSLの機関士で、引き揚げてきてからは小樽築港機関区の機関士をし、共産党の市議も三期務め、日中の役員をはじめ多くの民主団体の役員として活躍した人である。
 1997年、84歳になって活動に一区切りつけ「あるSL労働者の旅路ー八十年かけあるき」を出版した。238頁の詳細な自伝であり理性的考察の記録である。「あとがき」に次の一節がある。
 
 私の人生に決定的影響をもたらした「新中国」は、「文化大革命」や「天安門事件」に見られるように大きく変貌し、人々を感動させた当時の「良さ」は昔語りとなった。私は中国人民との友好は願いつつも、政権に対する信頼は、事実と道理にてらして、強い不信感に変わった。
 しかし、四千年の歴史に培われた中国人民の知恵と潜在力は、何時の日か民主的政権をわが物都し、曾ては国際的評価を得た「平和五原則」に光を当てるであろうと期待される。
 
 日本共産党は先般の党大会で綱領を一部改定して、「社会主義をめざす新しい探求が開始され」以下の部分を削除した。日中友好運動を進める私たちにとって武田さんんの指摘は深く考えさせるものがある。

 北海道大学中国人員友好聯誼会からのメール

この度、本会の募金活動に理解いただき、大変感謝しています。あいにくですが、今回武漢への募金活動は迅速に国内医療チームを援助することを目的とし、募金期間が短く、先週に終了致しました。
 現在、道内の感染者数が増え続けており、本会は、留学生に使わせるマスクの募金を行っています。今回の援助金(5万円)を留学生のマスクの募金活動に使ってもよろしいでしょうか?引き続き、何卒よろしくお願い致します。

 武漢の李雯静さんからの感謝のメール

こんにちは。お世話になっております。李雯静(リブンセイ)です。ご支援いただきまして本当に心より感謝しております。
 北大で博士号を取得した後、2016年から武漢の華中師範大学副教授として勤めております。
 今年1月23日に武漢は突然封鎖され、市民は外出しないよう命じられました。それとともに、大学での講座なども封じられたままです。
 実は去年の12月末から原因不明の肺炎が武漢で広まっていたようですが、政府はそれが個別的な状況だと公表し、正確な情報は公開されませんでした。
 母親は昨年乳癌と診断され、切除手術を受けた後に、3週間に1回病院で抗がん剤の注射が欠かせませんが、封鎖とともにすべての交通が止められ、病院に行くのがとても不便です。しかも30平方米の大学の宿舎に私と両親は2か月余り外に一歩も出られず、精神的なストレスをすごく感じました。食料品なども全てネットで注文して暮らしています。
 日本でも何かと大変なときに、吉田邦彦先生はじめ、日中友好協会の親切な皆様に恩情をいただき非常に感謝しております。
 北海道で6年間生活して、日本人の思いやりの暖かさに何度も触れ、日本が大好きになりました。
 今後とも日中友好のかけ橋として活躍したいです。皆様におかれましては毎日健康かつ元気にお過ごしされますようにお祈りいます。重ねて感謝申し上げます。

武漢支援募金に ご協力いただき 感謝します

 北海道大学法学部大学院吉田邦彦教授の武漢支援の呼びかけや北海道大学中国人留学生・学友会からの武漢支援募金の訴えに基ずき札幌支部としても全道の会員・準会員の皆様方に特別の募金をお願いしました。
 札幌支部の事務所に早速お持ちいただいた方、吉田先生の5万円を筆頭にゆうちょ銀行に振り込んでくださった方がありました。
 また、3月の会費や準会費(日中友好新聞代)の納入とともに武漢募金と明記して送金してくださった方や寄付金襴に3千円、5千円などと、また、1万円で準会費3か月分の残り6844円をお寄せいただいた方など、422円、688円と区切りの付く金額の端数を募金としてお寄せいただいた方などたくさんの方々にご協力をいただきました。
 小樽支部の鴫谷節夫さんからは、中国人殉難者全道慰霊祭事務局として3万円、釧路支部は2万5千円、苫小牧支部は2万円などお寄せいただきました。
 室蘭支部は、3月17日、室蘭工業大学の中国人留学生の募金活動に3人の支部員が参加するとともに、支部として5千円を募金、参加した3人も募金。学生方たちのご協力もあり、募金額は3万円を超えました。
 募金額は、3月9日に、北大学友会に5万円、北大吉田武漢支援口座に5万円を送金しました。
 23日に北大吉田武漢支援口座に12万円を送金しました。
 合計22万円送金しました。
 吉田先生が、25日、武漢に送金しました。